親子二世代型住宅ローンなら大丈夫!

二世帯住宅を建てた場合など、親子二世代型住宅ローンを組む人が多くなります。

 

親子二世代型住宅ローンは、親子別々に返済をしますから、同じ住宅に返済をする人が2人いるわけです。

 

どちらが多く返済をしても構いません。結果的に借り入れの全額を完済すれば良いのです。

 

借り入れ期間は一般的な住宅ローンと同じで、35年までとなっていますが、借り入れ総額は1億円まで借り入れをすることができます。

 

 

現在の収入では、多くの借り入れをすることができないため、新たな住宅を持つことができないと感じている人にも、親子二世代型住宅ローンがお勧めです。

 

親の収入も一緒に審査にかけることができますから、子どもの収入が少なくても、親の収入がある程度あるならば、審査にクリアすることも考えられます。

 

一般的な住宅ローンとはほとんど変わらず、返済をするのが、2人になるだけですから、同居をするのであれば、一緒に借り入れを返済した方が確実に早く完済できるでしょう。

 

団体信用生命保険は、2人で半分の借り入れ額ずつで加入し、親が死亡もしくは、80歳になると、子どもに全ての団体信用生命保険が移行します。

 

親の年齢としては、65歳を超えていると契約をすることが難しいとされています。

 

80歳までに完済できるような内容ではないと、審査にクリアすることができない場合が多くなっています。

 

親が80歳を超えても、子どもに返済能力がある場合には、親が80歳を超えても契約となる場合もあります。

 

これならアルバイトでも住宅ローンを組んで家を購入することができます。

 

評判のいい住宅ローンを探している方はコチラから>>評判のいい住宅ローンの探し方